風俗で働くときに持っておきたい女子力って?

難しいことではないのかも?風俗嬢に必要な女子力とは

風俗で効率よく働くためには、馴染み客を沢山持つことが重要

多分風俗で働こうという女子で、ご自身のルックスに非常にコンプレックスを持っている方は少ないのではないでしょうか。 つまり、一見すると人並み以上の外見の女子が多いということ。 だからこそ、気配りしなければならない女子力が問われるる部分があるのです。 今回は、その部分について見ていきます。

ぱっとした見た目より見えない気配り

私は、風俗や夜のお仕事のお姉様方に対し、ある種の尊敬を抱いています。
それは、これらの業界は究極のサービス業だと思うからです。
結論から申し上げると、究極のサービス業とは、自分が支払った金額に対し、金額以上の満足感が得られるよう、接客すること。
この事に尽きると思うのです。
何か目の前に残るものを購入しているわけでないのが、風俗業。
高価な時計やブランドのスーツを購入し、大金をつぎ込んだのとは少々訳の違うお金の使い方です。
そのような、形の残らないものに対し、結構なお金を使うということは、勇気のいることではないでしょうか。
そのようなサービスに対し、男子が後悔せず、更に言うなら、満足してまた楽しみたいと思える接客とはどのようなものか、ということが解れば、女子力云々といわずとも、最高の風俗嬢になれると思います。

相手の男子が、何を求めて風俗に来るのでしょう。
気持ちよくなりたい、性欲のはけ口を求めてのみ来た、などと様々な理由はあるでしょう。
男子と女子のセックスについての精神的な面には、多少の違いはあると思います。
男子は、気持ちがなくてもセックスが出来ると言われていますが、全く気持ちを無視して、気持ちよい射精のみで満足するのでしょうか。
もしかすると、男子の方が精神的にナイーブで、いざ風俗に来たのは良いが、緊張などでイケない方が結構いるかもしれません。
しかし、イケないとしてもある程度のお金は払うのです。
それでも、後悔させずに、再度足を運んでもらえる風俗嬢になるためのイロハを次のページから考えていきます。

やはり心の持ち方は大切、その後の客足に響くかも

周囲から美人だね、かわいいね、などと言う言葉をたくさん受けてきたであろうと思われる風俗嬢。 その美貌で、これから風俗の世界で、バンバン働こうと決心したはず。 美貌だけで、お客様が付くのは初めのうちだけでしょう。 では、お客様に自分の常連になって頂くために必要なメンタルな部分とはどのようなものでしょう。

どんな時に、お客様は風俗に来たことを後悔するのか

結局、結構な金額を使って風俗を楽しもうと思った男子ですが、やはり後悔することもあるようです。 そうなれば、自分の馴染みの客にはなってもらえないということになります。 自分に客が付かないとなれば、バンバン働く夢は消えてしまいますね。 どのような場面で、後悔するのか考えます。

TOPへ戻る