難しいことではないのかも?風俗嬢に必要な女子力とは

>

やはり心の持ち方は大切、その後の客足に響くかも

女として既に持っているものを自覚する

今回、女子力というてーまなのですが、最近私は女子力という言葉にハテナと思うこともあります。
風俗嬢で頑張る方々は、女に生まれたからには、多分持っているであろうメンタルな部分については、うすうす自覚しているはず。
それを最大限に意識して発揮するべきです。

優しさ、と言ってしまえば余りにもざっくりとした表現で、解りにくいとは思いますが、女子として男子を愛おしむ感性が必要だと思います。
何か形をしたもので言うなれば、両手を広げた聖母マリア像のような包み込む力だと思います。
もちろん、そんな感じではないマゾヒスティックな状態を求めて来るお客様もいるでしょうが、それでもいじりながら、最終的には女子ならではの暖かさが必要な業界なのだと思います。

何故、包み込むような感性が必要なのか

前のページでも少し触れましたが、意外に男子はナイーブで傷つきやすい生き物だと思います。
もちろん、無頓着で大ざっぱで小さいことにはこだわらない・野獣のような存在というもの、男子のイメージとして大概の方が持っていると思います。
しかし、セクシャルな場面になると違うこともあるようです。

特に風俗に慣れていない男子の場合、気持ちよくなりたいと思って来たはずなのに、全く起たなくてヌケないといったケースもあるようです。
キホン、男子の勃起と射精に関しては、非常に微妙な交感神経と副交感神経が絡んでいるのです。
ある程度のリラックス感がなければ、射精出来ないというのです。
このように男子の体の構造を知れば、優しさ包容力が必要な事が解りますね。


この記事をシェアする

TOPへ戻る